3.エンブレムの複製

型取りしたお湯まるを使って、早速エンブレムの複製を取ってみました。
先ずは前側フェンダーにあるエンブレムです。
これが雌型
P1040743-500.jpg

複製を作る材料はいろいろありますが、今回は”UV硬化レジン”です。これも100均。
P1040747-500.jpg

とりあえず3つばかり製作。
まあまあの出来です。
黒く塗ってメッキ塗装すれば完成ですね。
P1040749-500.jpg

他のものです。
一番上はドアハンドル。型から取り出した後、少し加工が必要なので材料はエポキシパテを使いました。
まだ完全に固まっていないので取り出せません。
問題はその下の文字たち。
材料はエポキシ接着剤で黒く着色してあります。
厚みが非常に薄いので上手く取り出せるかが心配。
これも完全に硬くなるまでもう少し時間を置くことにします。
P1040751-500.jpg

いずれにしても、エンブレムの複製が上手くできないと、ボディーの方を削除できないので、しばらくは複製の製作に時間がかかりそうです。

ライブハウス in 国分寺

ブログのURLを間違えた?と思った方、間違いではありません。
ちゃんと”ピアノの上と工作机 別館”です。

実は私のもう一つの趣味です。
学生時代、わたしはギター部に所属しておりまして、クラシックからポピュラーまで幅広く演奏を楽しんでおりました。
いや、ヘタクソだったので演奏を楽しむ余裕はあまり無かったかも・・・^^;
その当時の仲間はいまだに交流があり、年に1,2度集まって飲みに行ったり遊びに行ったりしております。

私のように別の趣味にのめり込むこともなく、いまだに弾き続けている友人が最近ライブハウスなんぞに出入りしていて(もちろん演奏する側)、今回はもう一人を誘い込み、デュオとしてデビューしました。(あくまでも趣味程度の実力です!)
それじゃあみんなで応援に行こう、と国分寺にある小さなバーでのライブを見に行ってきました。
10人も入るといっぱいになりそうな場所です。^^;
クラスタ
エリック・クラプトンなんぞの弾き語り

このバーでのライブはアコースティックギターやウクレレ、ピアノなどで(エレキ楽器は禁止)、私らのようなシニアにやさしいライブを楽しむことができます。
この日は彼ら以外にも3組が演奏をしました。
ブルースギターの演奏なんぞを聴いていると、こういったライブに嵌りそうな気もしてきます。

私がこういうところで演奏する機会はないと思いますが(いや、わからんゾ) ギターの練習を再開し始めている今日この頃・・・(^^ゞ


2.凸モールドの型取り


”今度はこれを作りますよ” ってキットの紹介をしたのはいいけど、あれから2週間経ってしまいました。(^^ゞ
実は次の日から風邪を引いてしまい、寝込むほど悪くはならないのにちっとも好くならない!
仕事は仕方なく頑張ったけれど、その他は全くやる気出ず!
2週間経った今でも全快ではないのです。
でもこうして多少なりとも進める元気は出てきたので、まあこのまま良くなるのでしょう。^^;

ということでボチボチ手をかけ始めたのがボディーの凸モールドの型取りです。
昔のキットはエンブレムなどは、ほぼ全てボディーに凸モールドされていました。
今回のキットも例外ではありません。
このまま塗装するとモールドはダレてくるし、その上からシルバー塗装なんて上手くできないし、研ぎ出しはし辛いし、いいことありません。
いつも可能な限り型取りしてから削除しています。

例えばドアハンドル。
P1040725-500.jpg

フェンダーのエンブレム。
P1040724-500.jpg

ボンネット先端の"FORD".
P1040731-500.jpg

ボディーサイドの”FALCON"
P1040730-500.jpg

お湯まるで型取りします。
P1040726-500.jpg
P1040723-500.jpg

上手く型取りするのは結構難しいです。文字がだれます。
P1040739-500.jpg


ボディーの後ろにある丸いエンブレム。
これの型取りが難しい!!お湯まるではね。^^;
中央がくぼんでいるものは、型取り時に空気が抜けず上手くいきません。
一応トライしましたがやっぱりダメ!
別の方法にします。
P1040728-500.jpg

エンブレムを切り抜きます。
エンブレムの周りをドリルで穴明け。
P1040732-500.jpg

切り抜きました。
P1040733-500.jpg

周りをきれいに整えて肉厚も薄くしました。
P1040735-400.jpg

切り抜いたボディー側もきれいにします。
P1040736-500.jpg

ブラバンを切り出して穴に埋め、”瞬着+ベビーパウダー”のパテで隙間を埋めてペーパーで平らに成形しました。
P1040737-500.jpg

と、まあこんなところで今回は力尽きました・・・(+_+)


プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター