FC2ブログ

9.自作スライドマーク貼り

前回にスライドマークのデータを完成させたので、いよいよ貼り付け作業に入ります。
材料は、A-oneの”転写シール”。
これは反転したデータを印刷し、切り出して対象物に貼るんですが、普通のスライドマークのように貼った後の位置修正ができません。
貼る位置を一発で決めて、台紙を水にぬらして剥がす、というもの。^^;

はがきサイズの用紙に例のマークを印刷しました。
因みに、この材料には、ベースが透明なものと白のものがあります。
今回私は白で塗装するのでどちらでもいいのですが、取り敢えず透明タイプを使用しました。(両方在庫がありました。)
P1050848-400.jpg

切り出して、いざ、貼らんとす!!
P1050849-500.jpg

貼る側にある、透明シールを剥がすと粘着剤が付いていて、位置決めをしっかりしてから貼り付けます。
この状態で表面の台紙に水を含ませると、数十秒で台紙が剥がれます。
P1050850-500.jpg

ところが、これが難しい!
上手く密着していないところがヨレる。修正は効かない。
気泡が入る。抜こうとすると破れる。
とくにスカート部は曲面が多いので貼り辛いことこの上ない!(+_+)
以前作ったバンダイ版の2002も、ここまで苦労しなかったと思う。
小さい分貼り辛いのか、腕が落ちたのか・・・。
とにかく、失敗してもいいように5回分印刷してあるのに、すべて使い果たしても、結局納得いくものができません。
半分パニックで、失敗写真を撮る余裕すらありませんでした。(*_*)

ちょっと作戦の練り直し。



透明タイプの材料を使い果たしてしまったので、白地タイプのもので製作し直しました。
P1050855-500.jpg

切り出して、ラジエター下部の細いラインの部分を別に貼り付けることにします。
この細い部分が上手く貼れないことがほとんどです。
P1050862-500.jpg

この方法で、2回目でやっと納得できるものができました。
右下に気泡が入っていますが、台紙を剥がしてすぐに見つけても絶対触ってはいけません!!
じっと我慢で乾燥を待ちます。
乾燥すると結構強度が増すので、それから針で穴を明けて気泡を潰せば平らになります。
P1050857-500.jpg

デカールが乾いて強度が増したら、ラジエター下側の細いラインを貼り付けます。
作戦成功。やっと合格点のものができました。
少しタッチアップしてから、クリヤー塗装で何とかなると思います。
P1050858-500.jpg



スカート部に比べると、サイドのラインは楽勝です。
貼る位置さえしっかり決めてやれば一発OKです。(^^)v
P1050851-500.jpg

この状態でしっかり乾かします。
P1050852-500.jpg

乾いたらカットして出来上り。
P1050854-500.jpg

スカートを仮止めして様子を見ます。だいたいいいと思う。(^^)v
ボディーの色ですが、キットの指定色はクレオスの”ホワイトFS17875(316)”の指定です。
ちょっと濃いアイボリーなので、自分のイメージとは少し違う気がしました。
なので、クールホワイト(GX1)に316を混ぜて薄めのアイボリーにしてあります。
P1050861-550.jpg

ここまで来るのに何時間費やしたことか・・・((+_+)) 在庫があったばっかりに。(笑)
因みに、サードパーティーから赤色の修正されたデカールが販売されています。
それを買った方が絶対楽です。^^;
今回は意地!!
でも疲れた・・・。



スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター