FC2ブログ

12.フロントフォークと燃料タンクの工作

あの猛暑が9月いっぱい続いたらどうしよう・・・ と 気をもんでいましたが、どうやら何とかおさまってくれたようです。
この1~2週間、エアコンは付けずに過ごしております。(^^)v
プラモデルを作るにもいい季節となってきましたが、どこかに出かけるのにもいい季節です。どこに行こうかな・・・。

まあ、それはそれとして現在の進行状況です。
フロントフォークの組み立てに掛かりました。
うーん・・・あまり好きな分割でないですねえ・・・(-_-)
P1050439-500.jpg

インナーチューブを金属パイプに置き換えます。
外径3.6mmのアルミパイプを使いました。
アウターパイプに対して傾かないようにできるだけ奥まで差し込むような工作をしています。
P1050454-500.jpg

アルミパイプは#8000のラプロスとコンパウンドで磨くと、かなり輝いてくれます。
磨いた後、クリヤを塗装しようか迷いましたが、結局磨いたままの状態で組みました。
それから、フロントタイヤの軸は実車のような組み方に替えようと思います。
P1050455-500.jpg

えーと。この黒いパーツの正式名称はなんていうのかな?ブリッジ?
まあなんでもいいけど、実物はもっと上まである、長いインナーチューブの外径を締め付けて固定する構造になっていますが、今回は部品の構造上、上下分割とします。
P1050459-500.jpg

仮組ですがこんな感じになります。
前輪の軸はΦ1mmのSUS線を使用します。
P1050460-500.jpg

アウターチューブは基本シルバー塗装。
上部は半艶黒でその下はミラーフィニッシュを巻いてあります。
P1050477-450.jpg

フロントフォークの基本部分は完成です。
P1050480-550.jpg

ブリッジ(?)の左側にブレーキ等のワイヤーを固定するブラケットを取付けました。
1.2x0.2mmの洋白帯です。
P1050484-500.jpg



燃料タンクの工作に移ります。
クリヤーパーツですが、全体的に表面が傷だらけで年代の古さを感じます。
中央の2つのパーツはタンクの両脇に付く、”YAMAHA”のエンブレム用のものです。
P1050463-500.jpg

裏側から接着します。"YAMAHA”のデカールも裏から貼るようになっています。
でも、この方式だとこのエンブレムを貼り付けた状態で、左右のタンクを貼り合わせ、接合部の処理をして塗装することになりますが、全てエンブレムをマスキングした状態で行うことになります。
あまり気が進まない・・・(-_-)
P1050464-500.jpg

で、表から取り付けるようにします。
塗装後に取り付けます。
透明パーツの周囲にあった接着部を削り取りましたが、エンブレムより穴の大きさが大きく、大分隙間が空いています。
P1050465-500.jpg

瞬着+ベビーパウダーのパテで肉盛りしました。
P1050468-500.jpg

仕上げて修正完了。
P1050469-500.jpg

タンクの裏側には穴を塞ぐパーツを作って・・・
P1050470-500.jpg

接着して完了。
P1050471-500.jpg

エンブレムを置いてみました。いい感じです。(^^)v
ただし、これからエンブレムの完成過程において、ハプニングが発生してしまうのであった!
P1050472-500.jpg

ハプニングの件はさておき、タンクそのものの工作を続けます。
タンクは外側と内側のプレス部品を溶接していますが、その溶接部分がしっかり帯状になって残っています。
bf7cf8a299bcb76c188d231e5e1d5950.jpg 

その溶接部を再現します。
淵の部分だけですが、0.3mmのプラ板を接着します。
P1050474-500.jpg

仕上げました。
実物に比べるときれいすぎかな?まあ、いいことにします。^^;
P1050475-500.jpg

裏側もとりあえずそれっぽく・・・。
P1050476-500.jpg


スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター