FC2ブログ

3.車輪組立2 & エンジン修正

スポークを組立て始める前に、リムを塗装しなければなりません。
最近のバイクのリムは殆どアルミだと思うんですが、昔はスチールにメッキが主流だったと思います。
写真を見る限りDT1のリムもメッキのようでキラキラしています。
キラキラ観が一番再現できるのは、スパッツのミラークロームと勝手に決めておりますが、スポークの組み立ての際に絶対擦って剥げてしまうだろう、という自信があり((^^ゞ)、今回はガイアのプレミアムミラークロームを使うことにしました。

最近発売されたこの塗料、他社の殆どがアルコール系に対して、アクリル系だかラッカー系だか(よくわかりません(笑))兎に角、他のアクリル塗料と同じ系列のものなのだそうです。
薄める場合はツールウォッシュで薄めてね、ということなので、きっと素材への食付きもいいのでしょう。
少しぐらい擦ってもへっちゃらなのだそうで、そこに期待します!
塗装の仕方としては、他社のようにグロスブラックの下地ではなくて、磨きこんだプラスチックにそのまま塗るのがいいのだそうな・・・。
なにやら下地の塗料を侵してしまって、本来の輝きが出せないんだとか・・・ すごいね!
P1050203-400.jpg

で、とりあえずどんなもんだか試してみました。
巷でよく実験に使われるプラスチックスプーンに塗装してみました。白いスプーンです。
左半分がグロスブラック塗装。右半分が素材のまま。
なるほどね。たしかに輝きが違いますね。
P1050205-400.jpg

じゃあ、リムもブラック塗装をしないで素材を磨きこんで・・・
と、一旦はトライしてみたんですが、接着面のパテ埋めや凹部の仕上げが今一つ上手くいかず、塗りムラができてしまいました。
塗りムラがあるくらいなら、多少輝きは落ちたとしても全体的に均一の仕上がりの方がいいので、結局下地にブラックを塗装しました。
塗膜の強さに期待です!
P1050179-500.jpg

それでも、できるだけ輝きを出そうと、コンプレッサーの圧を弱くして、フワッ、フワッと吹き付けました。
P1050195-550.jpg

なかなかいいじゃないですか!
これだけ輝きが出れば十分です!
この塗料、気に入りました!!定番にしちゃおう! ^^;
P1050196-400.jpg




車輪組立はちょっとお休み。
気分転換にエンジンに手を加えます。
フィンの溝が浅いんですね。
キットの完成写真を見ても、そのままではちょっと残念だと思うので溝を深くしたいと思います。
P1050172-500.jpg

溝を深くすると突き抜けてしまうと思われるので、内側にパテを埋め込んでおきます。
P1050174-500.jpg

溝を掘る工具も作りました。
少し細めの金ノコの歯。
歯面は波打っているので、グラインダーで平らにして0.5mmの厚みにしました。
下側は使い古しのカッターの刃。
これもグラインダーで掻き取り用の歯を付けました。
P1050184-500.jpg

こんな感じですね。
歯幅は0.3mmです。
P1050185-400.jpg

こんな感じでガリガリ、コリコリ。
P1050182-500.jpg

大分溝が深くなりました。
P1050187-500.jpg

実車によるとフィンとフィンの間に補強(?)のバーが付いています。
それを再現します。
実車1

穴を明けて0.6mmの洋白線を差し込みます。
P1050188-400.jpg

左右3か所づつです。
P1050190-400.jpg

加工前より大分立体感が増したと思います。
P1050193-500.jpg

before
P1050176-500.jpg 

気分転換ができたところで、次回はいよいよスポークの組み立てをします。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター