FC2ブログ

2.車輪組立1

スポークを組む手順をシミュレーションしています。
スポークはハブとリムを塗装してから組立てるので、塗装前にスムースに組立てられるかを確認しておかないと、塗装面が傷だらけになりそう。^^; リムはミラー塗装の予定なのでなおさらです。
ハブに通すスポークは内側からと外側からのものがあります。
内側になるスポークは頭のあるものを使うので、ハブに通した後リムに取り付けることになります。
P1050170-450.jpg

写真下部、左側が頭のあるスポークで、右側が頭の無いスポーク。(説明するまでもないか・・^^;)
ここで、スポークの長さがとてもシビアになってきます。
頭付きスポークは最初に全てハブに通しておくので、長すぎるとリムにぶつかってしまうし(定位置に持ってこれない)、短すぎるとニップルに届かなくなります。
それに対してハブの外側にくるスポークは頭無しのものを使います。ハブの内側は目立たないので頭無しでいいか・・と。(^^ゞ
このスポークは最初にリムに通して、後からからハブに差し込めるので、多少長さのバラつきがあっても後からリムの外側から切断できます。
P1050167-500.jpg

そんなこんなでスポークを36本とニップル多数。(数えていない^^;)
でもこれ前輪だけです。
後輪はまた別の長さのものを36本作るのです!
大体スポークの長さだって図面通りの長さでは合いません。ハブやリムの穴明け位置が図面通りじゃないもんね。(笑)
ここまで来るのにずいぶん時間が掛かっているのですよ!
P1050164-500.jpg




ところで組み立てるためのジグですが、スポークの仮組を繰り返しているうちに、やはりリムの固定が必要に感じました。
3か所、真鍮板で作ったクランパーを取り付けました。
また、最初にスポークの位置をスケッチした紙を切り出し、ジグに貼り付けました。
P1050162-500.jpg

型紙とハブの位置関係は、ハブが回転方向に動かないようにストッパーを取り付けてあるので、ハブを取り外してもずれないようになっています。(ストッパーはハブの裏側。写真に写っていません。悪しからず。)
P1050160-500.jpg

クランプは0.2mmの真鍮版。手持ちの材料です。
ビスも有り合わせのものを使っているのでサラの木ねじ。
リムが固定できればいいのだ!^^;
P1050161-450.jpg

リムは一度ミラー塗装したんですが、下地の仕上げ状態が良くなくてNG。
再塗装の準備中です。

いやいや、結構大変だわ・・・。(+_+)

スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
いきなりのスポーク組からですね。
実車は組み換えした事ありますが実車の方が簡単そうです(笑)
  • 2018-06-02│20:52 |
  • ヒカル URL│
  • [edit]
Re: No title
ヒカル様
実車はすでにスポークの長さが決まっているので、あとはリムの定位置にニップルをねじ込むだけ・・・なんて簡単なことでないことは知っています。^^;
組み付けたあとに、円周方向の振れと横方向の振れを調整しないといけなくて、その調整が大変のようです。
むかしむかし車輪組立の工場を見たことがあるので、実車の調整が重要なことはよく知っているつもりです。
プラモデルの車輪組立は振れを気にすることはないですが、とにかく形にすることが大変です!
老眼鏡と拡大鏡を併用して、息を殺してニップルとスポークを片輪36本組むと思うと、今から肩が張りそう・・・(+_+)
  • 2018-06-03│14:57 |
  • 徒然モデラー URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター