FC2ブログ

11.エンジンとエンジンルーム内の修正


エンジンが大分形になったところで、ちょっとシャーシに乗せて様子を見ようと思ったら、なんとエンジンルームに収まらないではないか!・・・(゜o゜)
バルクヘッドの位置が前すぎ?そりゃこのへんはいじくっているけどさ・・・
エンジンが入らないほどずらしてないぞ!
P1040864-500.jpg

それはそれとしてシャーシとエンジンの関係は・・・
ダイナモの位置が変じゃない?
P1040866-500.jpg

こちら実車。
キットのダイナモは大きすぎるし、取付く位置ももっとエンジンに近いところでしょ!!
いや、まいったねえ。(-_-)
実車DSCN1958a



とにかく修正しなくては。先ずはボディー側から。
バルクヘッドを後ろにずらすか、ラジエター側のパネルを前に出すか悩みましたが、以前から気になっていたパネルの位置を前に出すことにしました。
エッチングノコでカット。
P1040867-500.jpg

パネルを前に出す分、約3mm側面のパネルを追加。
P1040871-450.jpg

切り離したパネルは造形がひどい状態なので、1.2mmのプラ板で作り直しました。
P1040872-450.jpg

仮止めですがこんな状態になりました。
P1040873-500.jpg

すっきりしました!
P1040874-500.jpg

これでボディーにはちゃんと収まるようになりました。
P1040870-500.jpg



次はダイナモの変更。位置と大きさ。
ダイナモ、プーリー、ベルトが一体になったパーツは、試行錯誤の結果ほとんど使えない。
クランクシャフト側のプーリーだけを使うことにして、あとは自作することにしました。

プラ棒をリューターに食わえて、旋盤加工のごとくプーリーを製作。
P1040876-400.jpg

左がダイナモ+プーリー、中央がエンジン上側のプーリー、右が唯一パーツから切り出した下側プーリー。
P1040880-450.jpg

塗装して所定の位置に取り付けました。
P1040881-450.jpg

今回はここまでが限界。
なかなか進みませんねえ。(^^ゞ


スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター