13.ボディー残工作~ほぼ完成へ


前回の工作でダッシュボードの一部を広げたために、ウィンドウシールドの切欠きも広げないといけません。(矢印部分)
ちなみに、傷だらけのウィンドウシールドはラプロスの#4000で磨いてあります。
P1040635-500.jpg

カッターのガイドとして、昔懐かしのダイモテープを貼り付けます。
まだ売っているんですね、このテープ。^^;
P1040636-400.jpg

カット終了。よくわからないですね・・・(^^ゞ
P1040637-400.jpg

#6000で磨いてからハセガワのセラミックコンパウンドで仕上げました。
切欠いた部分には淵取りのモールを貼り付けます。
0.3mmのプラ板から切り出しました。
P1040640-400.jpg

ダークシルバー(ボディーのモールと同色)に塗装後貼り付けました。
P1040641-400.jpg

ボディーへの取り付けは、接着剤を極力使いたくないので、最近はできるだけはめ込み式にしています。
ウィンドウシールドのエッジを押さえ込むような感じでパーツを接着。
P1040645-500.jpg

下側エッジも上側と同じ方式で止めてあります。
一応下部両端のみアクアリンカーで接着してあります。
万が一接着剤がはみ出しても、ピンセットで取り除けるので安心。(^^)v
P1040646-500.jpg

で、ウィンドウシールドの取り付けは完了です。
P1040644-500.jpg 



リヤスポイラーを取り付けるようになっていますが、どの位置に取り付けるかの明確な指示がありません。
接着剤を付けてから「このへんだよねー」って置いてからの微調整はできないので、一発の位置出しが必要です。
0.5mmの洋白線でダボを取り付けました。
P1040647-450.jpg

ボディー側にも慎重に穴明け。
P1040648-500.jpg

何とか無事に取り付け終了。
接着剤はダボのある、両端のリブに付けただけです。
P1040649-500.jpg

これで一応ボディーの工作はほぼ終了しました。
P1040650-550.jpg

内側には仕切り板を取り付けてあります。
P1040651-550.jpg



そしてシャシーとボディーのドッキング。
ファニーカーでお決まりのスタイルとして、ボディーの前側をカバッと持ち上げるため後端にヒンジがあるんですが、そのヒンジをセットすると、なんとボディーの前側が浮いてしまいました!
後輪を大きくした弊害がここにきてあらわになってしまったわけです。(+_+)
P1040653-550.jpg

ボディーとタイヤの干渉を無くすためにタイヤを内側にずらせるか・・・無理ですね。^^;
P1040657-450.jpg

よくわからないと思いますが、ヒンジは赤矢印のピンを水色矢印の穴に差し込むようになっています。
現状、タイヤが大きくなった分ピンの位置が上に上がっています。
で、このピンの位置を下に下げるような改造が必要です。
P1040658-450.jpg

ピンのある部分をカットして・・・
P1040659-450.jpg

1.2mmのプラ板とΦ1のプラ棒でこんな嵩上げ部品を作りました。
P1040660-400.jpg 

先ほどボディーのカットした部分に作成した部品を取り付けてヒンジを差し込みました。
P1040665-500.jpg

無事にフロントが下がってくれました。ヤレヤレです。(*^^)v
 P1040661-550.jpg
ということでこれで完成か・・・



では、とりあえず記念撮影でも。
P1040671-550.jpg

ブレーキ用のパラシュートも取り付けました。
ひもが無いゾ!!
P1040675-500.jpg

かっこいいねえ。(^^ゞ
P1040676-550.jpg

ということで、次はパラシュートのひもを取り付けるということで完成なわけです。(^^)v



おまけです。
箱の裏に販売価格が・・・
いつどこで買ったか覚えていないんだけど、在庫処分品だったのかな・・・
P1040677-500.jpg




スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター