ゼロ戦52型 於:航空記念公園

去年の11月から展示されているゼロ戦を見に行ってきました。
この機体は1944年にサイパン島にて無傷の状態だったものをアメリカ軍によって捕獲されたものだそうです。
現在、実際に飛行可能な唯一のゼロ戦です。
当初予定では今年の4月で解体されてアメリカに戻っていく予定でしたが、期間延長となり8月末までの展示となりました。
予てより気になっていた展示会でしたので、仕事が暇になったのを見計らってフラッと出かけてきました。

場所は埼玉県は所沢市、航空記念公園内の航空発祥記念館です。
家から車で20分程度の所です。
学校が夏休みになるときっと混むだろうと思い、行くなら今でしょ!っていう思いつき。

これが記念館の建物で、右のドーム内に飛行機やらヘリコプターやらが展示されています。古い機体ですが実物。
その一角にゼロ戦がありました。
0704-00.jpg 

へー、これがホントに飛ぶんだ・・・
第一印象としてこのプロペラ思いのほか小さいです。
機体は逆に大きく感じました。
0704-11.jpg


0704-12.jpg

0704-3.jpg

0704-4.jpg 

エルロンを動かすリンケージ。こりゃラジコンだわ。
いや、ラジコンが実機と同様な作りをしているんですね。0704-7.jpg

リンケージはさて置き、話には聞いていたリベットですが本当ですね。頭が埋まっています。
これがゼロ戦のスピードと機敏さを生んだわけだ。すばらしい!
0704-9.jpg 


0704-13.jpg 

この機銃はもしかして胴体内のものかな?
説明をよく読んでこなかった・・(^^ゞ
0704-8.jpg 

脚収納部。
プラモデルの説明では機内色の青竹色のはずですが、ちょっと残念。
0704-10.jpg 

機体が展示されている周りの壁には色々な資料が展示されていますが、その中に製作図面が何点かありました。
仕事がらどうしてもこういうものに目が行きます。
 今時の方は知らないでしょうが、昔の図面はこのような青図でした。
ただ、私の知っている青焼きは「ジアゾ式複写」といわれるもので、調べてみるとこの方式になったのは1951年からだそうです。
となると戦時中はどんな方式で青図を作っていたんでしょう?
訂正です。(7/6) ジアゾ式複写そのものは1927年に発明されたそうです。
1951年はコピアが世界初の小型事務用湿式ジアゾ複写機「M型」の販売を開始したのだそうです。
ということでこの青図もジアゾ式ですね。
0704-14.jpg 

青図の方式はさて置き、④の材質が「堅質木材」というのがまた時代を感じさせますね。
樹脂系の材料なんか日本に無かったですからね。ベークライトぐらいか?
ちょっと専門的な話になりますが、この時代は一角法という図面の描き方です。現在は三角法。(日本では)
一角法は見た側の図を基図の反対側に描くのに対し、三角法は見た側に描きます。
一角法は今一つピンときませんね。
0704-15.jpg


他にも展示物の写真はたくさん撮ってきましたが、今回のテーマがゼロ戦なので他のものは割愛します。
ゼロ戦設計者の「堀越二郎」氏の企画展もありました。
こんどジブリの映画「風立ちぬ」がこの方を題材にしたものです。
少し知識を入れた状態で是非「風立ちぬ」、見てみたいものです。

そんな訳で2時間弱のゼロ戦見物は終わりました。



スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
こんばんは。

いいですね~実機を観られて!
ウチの部署に実家が所沢のヤツが居て
来て早々エンジン回した時に観に行って
携帯の動画を観ました。

零戦は河口湖でレストア機を観ました。

製図がらみで一つ、
ウチの部署には1/2の車が書けるように
4mぐらいの特注ドラフターがあります!
今は 衝立になっています(爆)
  • 2013-07-04│21:27 |
  • JW URL│
  • [edit]
Re: No title
飛ばないゼロ戦は国内に結構あるんですね。
科学博物館ぐらいだと思っていました。
河口湖は自動車博物館内で展示されているようですが、常設なんでしょうか?
そうなると、所沢のものはエンジン掛けてナンボですね。(^^ゞ
実際に飛んでいるところを観たいもんです。

4mのドラフターですか・・
トラックが4mあるわけですね。
歩きながら線を引くのかな?疲れそう^^;
CADが一気に広まってドラフターはあっという間に無用の長物となりましたね。
私もオフィスものの中古屋に持っていきましたが引き取ってもらえませんでした。
結果、粗大ごみ。
衝立ぐらいにしかなりませんよね。
  • 2013-07-05│09:48 |
  • 徒然モデラー URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター