スチュードベイカー・アバンティ 製作記 その4

当然ですがドアには内張りがあります。
三角窓の修正をした結果、内張りとの隙間が大きく開いてしまったので、プラ板で隙間を塞ぎ体裁を整えました。
見えているすき間は窓ガラスをはめ込もうという計画によるものです。
20843-350.jpg 

ドアの開閉をスムーズに行えるように、アタリを取ります。ヒンジを削ったりボディー側を削ったり・・・
ヒンジ方式はよくありがちなもの。
この方式はドア前縁が外側に張り出します。
20850-350.jpg 
20851-350.jpg 

近頃の車は大抵前縁は内側に引き込まれるタイプですので、実車と比較してみます。
20852-400.jpg 

間違いないようですね。外側です。
dor.jpg



次はどこから手を付けようか、普通なら塗装の乾燥時間を考慮してボディーの仕上げ→サフ吹き、となるのでしょうが、
私の場合気持ちの赴くままにやっていくのだ!!作業効率無視。
で、シャーシをばらばらに。
部品一つ一つを再仕上しているうちに、使いたくないパーツも出てくるものです。
先ずフロントサスのコイルスプリング。
20853-500.jpg 

それらしく作るのには大して手間はかからなそうなので自作することにしました。
あくまで「らしく」です。
Φ3のプラ棒に0.5mmのSUS線を巻き付けて体裁を整えます。
20855-350.jpg 

左側がキットのもの、右側が製作もの。
ぐっとそれらしくなりました・・・と書いているうちにフト気が付いたのですが、もしかしてスプリング内部にプラ棒の芯なんかいらないんじゃなかろうか・・・
キットのパーツを参考に作ったけど実車はきっとコイルスプリングだけだよね、多分・・・。
次回、変更します。
プラ棒に巻き付けたら抜いてしまえばそれで完成だもんね。簡単。(^^)v
20857-350.jpg 




スポンサーサイト

トラックバック

コメント

No title
こんにちは。
ドアを開けるとなると
チリ合わせが重要なポイントになりますね。

2/2横浜行きたかったんですが
用事が出来てしまって行けなくなってしまいました。
  • 2013-01-21│12:57 |
  • JW URL│
  • [edit]
Re: No title
JW様

唐突ですが、プラモデルってどれだけ作ったか、どれだけ作成経験したかで自然と実力が着いてくると思うんですが、その点私は出戻ってきてまだ10台程度の経験しかありません。
つまり部分的な実力しかついていないわけです。
そのうちドアの開くキットの作成は2002だけで、案のじょう半分しか開かないというおそまつ。(^^ゞ
今度こそ失敗しないぞと、慎重に進めていますがどうなることやら・・・
ドアをボディーから切り出して開閉できるようにしてしまう方もいるというのに、まだまだですね。

2/2はオートモデラーズの集い、でしたっけ。
今度私も行ってみようかな?
  • 2013-01-21│19:41 |
  • 徒然モデラー URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター