FC2ブログ

16.ボディーの仕上げ その4

リヤサイドウィンドウを作ります。
材料はホームセンターなどで売っている、0.5mm厚の透明ポリスチレン板。
一見平面のようなサイドウィンドウですが、大きな曲面になっています。
これを平面板で作ってしまうと、とても不自然に平面が強調されてしまいます。
やはりちゃんと曲げ加工をしないとね。

 曲げる方法は、いつもの熱湯方式です。
この方法を初めてやりだしたのが、バンダイの2002のウィンドウを作った時からなのです。
(手法はこの時の製作記をご覧ください)
当時、曲げ方法や材料(材質)の選択など、試行錯誤したことが思い出されます。

兎に角、大き目なRに曲げてから、ボディーの開口部に合わせて輪郭を書きます。
P1050975-500.jpg

それを切り出して、合わせては削り、合わせては削りの繰り返し。
で、やっと完成したところ。
テープはキズ防止のマスキングです。
P1050977-400.jpg

Rはというと、こんな感じです。
因みに切り出した端面は、最終的にコンパウンドで磨くほどに仕上げてあります。
ボディーに取り付けてからの見た目が綺麗になります。
P1050978-400.jpg

ボディーにはめ込むとこんな感じです。
曲面が分からないほどですが、ただの平面とは大違いです。
本来は平面の様子も比較すればいいのですが、カンベンね。(^^ゞ
P1050985-500.jpg

上の写真でもわかると思いますが、モールも少しづつ貼り付けています。
P1050984-500.jpg

ハセガワのジュラルミンフィニッシュのコンパウンド磨き材。
輝きが落ち着いていると思います。
P1050986-500.jpg
P1050987-500.jpg


今週は、以上です!

スポンサーサイト




プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター