FC2ブログ

15.ボディーの仕上げ その3

センターピラーにちょっと手を加えます。
写真のように、キットのセンターピラーは少し細い。
本来は内側にボディーの骨格となるような、太めの柱があります。
ドアを開けるようにしたため、太めの材料を取り付けます。
P1050950-500.jpg

といっても、今ある細いピラーの内側に幅広のプラ板を取り付けるだけです。
板厚0.5mm。
P1050951-500.jpg

内側から見るとこんな感じ。
天井の不細工は見ないでください。^^;
P1050954-500.jpg

半艶の黒塗装。
ちなみにピラーは、この後ミラーフィニッシュ等を貼ります。
P1050973-500.jpg
P1050974-500.jpg



次にシートベルト。
シートベルトをまだ取り付けていなかったので、その工作です。
以前買っておいた「HOBBY DESIGN」というところのシートベルトキット。
Made in china。
P1050956-400.jpg

バックル部分のみ使用します。
0.3の金属線に、細めの配線の被覆を被せました。
P1050955-400.jpg

固定部分は六角材を切り出したものをボルト風に。
スケールは無視です。(^^ゞ
P1050957-400.jpg

こんな感じに取り付けます。
P1050961-500.jpg

こちらはベルト側。
ベルトは2mm幅のリボン。手芸屋さんに売っているものです。
金属部は先ほどのベルトキットの付属品。
センターピラーに固定する部分には、カバーとなるものをプラ板で作成しました。
リボンは結構腰があるので、しっかりアイロン掛けして折り曲げてあります。
P1050962-400.jpg

これで完成。
P1050963-500.jpg

実車のベルトの巻取り部分はいくつか種類があって、後席の足元にあるものや、シートの脇に入り込んでいるもの(多分シートの内側下部に設置?)、巻取りの無いものなどの写真が見つかりました。
2002turboの純正シートベルトが、どのタイプか判断が付きません。(年代によって違う?)
今回は、一番工作の楽なシートの脇に入るタイプものにしました。(^^ゞ
P1050964-500.jpg

シートベルトユニット全景です。
P1050969-500.jpg

ここでやっとフロントシートを固定することができました。
P1050971-500.jpg
P1050972-500.jpg

ボディーを被せるとこんな感じ。
あまり分かりませんね。
いや、覗けば分かるのだ!^^;
P1050983-500.jpg



スポンサーサイト



14.ボディーの仕上げ その2

先週のオマヌケ工作にめげずに、オーバーフェンダーをボディーに固定するビスを再現します。
キットではビスが凸モールドで再現されていて、シルバー塗装の指示となっています。
これは以前にやったフロントスカートと同じですね。
今回はここに金属線を埋め込もうと思います。
先ずは凸モールド部にΦ0.4の穴を明けます。
P1050918-400.jpg

そこにΦ0.4の洋白線を差し込み、裏側からカット。
洋白線の端面はリューターに咥えて半球に仕上げました。
P1050928-400.jpg

一つのフェンダーに11か所あります。
結構手間暇かかります。(+_+)
P1050929-450.jpg

全部仕上げるのに半日がかり。
まあ、のんびりやっていたこともあるので・・・(^^ゞ
P1050931-500.jpg

こんな仕上がりです。
頭の出っ張りがバラつかない様に神経を使いました。
P1050940-450.jpg

因みに裏側。
この面はボディーに接着する面なので、金属線が出っ張らない様に注意しながら、瞬着で固定しました。
P1050947-400.jpg



窓枠を塗装します。
コーナーを如何に滑らかに塗装するか、マスキングが難しいです。
大まかに大体のRをとってカットして、ボディーのモールドに合わせながら貼り付けます。
四隅が決まれば、後は普通にテープでマスキング。
P1050920-450.jpg

リヤウィンドウはまあまあですね。(^^)v
P1050922-500.jpg

フロントウィンドウは、ちょっと荒れてしまいました。(^^ゞ
まあ、拡大しない限りはそれほどNGではないです。
”まあいいか”で乗り切れます。^^;
P1050924-500.jpg

そしてリヤウィンドウと・・・
P1050941-500.jpg

フロントウィンドウを接着しました。
因みにセメダインの「模型用」接着剤を使用。
はみ出した部分は乾いてからピンセットで削除できるので、安心して接着できます。
(まだ固定のテープが付いたままです。^^;)
P1050942-500.jpg

ウィンドウの端面を塗装してパッキンにしたもの。
P1050946-500.jpg

こちらもリヤウィンドウ改造パッキン。
ぼつぼつリヤサイドウィンドウの製作をしなくちゃね。
P1050933-500.jpg




13.ボディーの仕上げ その1

今回のレポート、日曜日(16日)にアップしたと思っていたんですが、”下書き”モードのままでアップしていたものだから公開されていませんでした。
ちょっと疲れているのかも・・・(._.)
改めてのご報告です。(6/18)

ボディーの研ぎ出しは、最終的にコンパウンドで磨き、終了しました。
終わったところで、2002turboの最大の特徴であるオーバーフェンダーを取り付けることにします。
ボディに宛がってみると、張り出したフェンダーの端面が塞がっています。前後共・・・。
これでいいのでしょうか?
P1050903-500.jpg
P1050905-500.jpg

実車の写真を見てみると、違いますね。
実車1

オーバーフェンダーのタイヤ側端面を削り取ります。
before
P1050906-400.jpg

after
P1050907-400.jpg

ボディー側も削り取ります。
削り取る部分に印をつけています。
P1050912-500.jpg

がっぽりと削除!
こんなことは研ぎ出しが終わってからすることじゃないです。^^;
自分の計画性の無さに嫌になりつつ、ピカピカボディーに傷がつかない様に削り取りました。(^^ゞ
P1050913-500.jpg

オーバーフェンダーを仮止めしてみると、実にいい感じになりました・・・。
と、この後に発生する問題は、まだ気が付いていないワタシ・・・。
P1050914-500.jpg
P1050915-500.jpg


あーーーーーーっ、シャシー側のタイヤハウスと合わなくなった・・・(゜o゜)
(写真を撮る気にならないほどのショック!)

シャシーのタイヤハウスは、ボディー本体のフェンダーラインとほぼ一緒。
そのフェンダーを大きく切欠いてしまったのだから、どのようになったかは写真が無くても想像できると思います。
なんで最初にこの辺の確認をしておかないかね・・・。
バカですねー、アホですねー、オタンコナスですねーーーー。(;_;)
でも、いけないのは実車と違う形状にしたハセガワさんだからね!!
と、人のせいにしちゃう。^^;

で、苦し紛れにこんな対策をしました。
P1050936-500.jpg

ボディーとシャシーを仮組してみます。
バカでしょ!アホでしょ!!オタンコナスでしょ!!!
P1050937-500.jpg

オーバーフェンダーを取り付けて真横から見れば、まあおかしくは無いのですが・・・
P1050938-500.jpg

斜め前から見ると変なのが丸見えに。
最初にシャシーのタイヤハウスの形状を修正しておかなければいけませんでした。
だいたい、タイヤ側フェンダー端面が塞がっていることが”おかしい”と、気付くのが遅いんだよね!
P1050939-500.jpg

今回は私のアホさ加減の報告でした!



喜多方で入ったお店のはなし

先週後半、東北方面に旅行に行ってきました。
旅行行程は今回のテーマに関係ないので省きますが、途中立ち寄った喜多方のお店が予想外の内容で感激しました!
その報告です。

喜多方と言えばラーメンですが、それもちょっと置いて於いて、”古い蔵の立ち並ぶ”という通りをぶらぶら歩きました。
古い蔵が立ち並ぶ街といえば、私の住んでいる隣の市(川越市)が有名です。
川越と比べてしまうとちょっと残念な通りでしたが、その中でふらっと立ち寄ったお店が凄かった!!
店の壁に掛かれているとおり、昔(風)の駄菓子、雑貨、おもちゃを扱っているお店で、本業は醤油製造だそうです。
DSC01838-600.jpg

入口を入ると左手に昔風の映画の看板。
美空ひばりも石原裕次郎も浅丘るり子もよく似て描けております。(^^)v
その下におもちゃや駄菓子の数々。
まさに私の子供の頃にあった駄菓子屋さんを大きくしたようなお店です。(映画の看板はともかく・・です)
DSC01837-600.jpg

右手奥に入ると、うす暗い中に何やら並ぶおもちゃたち。ソフビやらミニカーやら・・・。
蔵の内部に入った感じ。
正面の階段を上ると展示フロアとなっています。
左側の棚にあるのは・・・
DSC01836-600.jpg

な、な、なんと!!(゜o゜)
マルサンのプラモデルではないですか!!
それだけではありません。!
DSC01815-600.jpg

古いエアフィックスでしょ、
DSC01816-600.jpg

リンドバーグにエレールにモノグラムに古いハセガワの飛行機たち。
まだまだ・・・
DSC01817-600.jpg

これは再販みたいです。
小学生の頃、作った記憶があります。
007サンダーボール作戦が上映された頃、それに登場したものを参考にした(はずの)イマイのキット。(^^ゞ
DSC01820-600.jpg

これは当時のものでしょうか・・・もちろん今は無きミドリのロゴ。
箱がずいぶんきれいなんだけど。
DSC01821-600.jpg

LSの飛行機は素晴らしかった。(と思う(^^ゞ)
DSC01823-600.jpg

先ほどの階段を上って2階に行くと、そこはプラモデルの展示室。
1階のプラモは売っていたけれど、2階は展示しているものだけ。
殆どショーケースの中に入っています。
DSC01824-600.jpg

右にあるLSの零戦21型。作りました。オール可動式。
脚がたためて、翌端も立ち上がり、エルロン、ラダー、フラップが動いて、キャノピーが開いて、着艦フックも動くんだぞ!
もちろんプロペラも回転。
それでいて、スタイリングもすばらしい!!
割と最近までARII(だっけか?)で再版されていましたね。買わなかったけど・・(^^ゞ
50数年前のプラモデルは第二次大戦の飛行機が多かったです。
DSC01826-600.jpg

マルサンの1/100シリーズはあまり作った記憶がないです。
私はもっぱら三共のピーナッツシリーズ(1/150? 30円也)ばっかし。
残念ながらここにはピーナッツシリーズは一つも置いてありませんでした。(:_;)
DSC01828-600.jpg

DSC01827-600.jpg

タミヤの戦車、左上は昔のロゴですね。
新しいロゴ、といっても1966年以降ということなので、それなりに古いものだと思います。
戦車はあまりよく分からない。
それでもチーフテン、M41ウォーカーブルドック、T72は作った記憶があります。
DSC01829-600.jpg

こういったSFものも、当時の一つのジャンルでした。
DSC01830-600.jpg

車もチラホラ・・・。
DSC01833-600.jpg

レーシングカーセット。
当時のハシリです。1/24の8の字コース。
マーブルチョコレートの景品で、1/32のレーシングカーセットが当たりました。!
***訂正、1/32じゃない。もっと小さかった。1/40? 1/48?くらい・・・***
いえ、私が当たったわけではありません。
そういう企画があったということ。
DSC01834-600.jpg

このパトカーも白バイも、歴史的なキットですね。
DSC01835-600.jpg

思いがけず飛び込んだ店にこんな素晴らしいものがあったなんて、本当はもっとじっくり見ていたかったんですが、予定もあったし興味のない奥様にも申し訳ないので、後ろ髪をひかれる思いで店を後にしました。(-_-)



喜多方と言えばラーメンですが、ラーメンは別の場所で食べました。
いまから14、5年前、家族旅行でこちらに来たことがありました。
その時に喜多方ラーメンの人気店に入ったのですが、期待ほどのものではなく、翌日入った、猪苗代湖近くの何の変哲もない食堂で食べたラーメン、これが美味しかった!!!
地域的に喜多方ラーメンの流れを汲むもので、太麺、縮れ麺の醤油ラーメン。
そのラーメンの美味しさが忘れられず、それ以降食べたラーメンでもあの味を超えるものに出会えませんでした。
そんな時、なんとなく見ていたgoogle mapで、その食堂を発見。!!
ストリートビューで確認して確信しました。
”まるいち食堂”!!!
今回の旅行は、このまるいち食堂に行くことが第一の目的でした。(^^ゞ
食べたのはチャーシュー麺に格上げしましたが。(笑)
P_20190606_1214-600.jpg

あの味は健在!と、わたしは思ったのですが、うちの奥様はちょっとご不満だった模様。
たぶんうちの奥様の舌の方が正しいと思う。
まあ、10数年も同じ味を維持するのは難しいかもしれませんけどね。
でも私は満足でしたよ!!!

ということで、この後宮城に足を向けましたが、それは報告予定はありませんのでカンベンね。(^^ゞ





12.室内工作再び その2

ありゃりゃ・・また2週間空いちゃった・・・(^^ゞ
いろいろ忙しいのでございますよ。

えー、前回作った小物に塗装してドアの内側パネルに取り付けました。
P1050886-600.jpg


それと、パネル下部にモールがあるので、0.3mmのプラ板から切り出したものを貼り付けてから、ミラーフィニッシュを貼りました。
パネルはこれで完成。
P1050889-500.jpg




それからもう一つ残っているものがペダルです。
窓越しに見るのであればこれで十分なんでしょうが、ドアを開けるとしっかり見えてしまうので、もう少しそれらしくしたい!
P1050890-400.jpg

実車はこんな感じです。
pedaly-400.jpg

パーツをバラバラにしてから、プラ板に取り付け直しました。
アクセルペダルには金属線を取り付けました。
P1050892-400.jpg

あまり見せたくない仕上がりです。(^^ゞ
P1050893-400.jpg

所定の位置に取り付け。
拡大写真はホント見せたくない・・・。
遠目に見るともう少しマシなんですけどねえ。
P1050894-400.jpg



ボディーの方は研ぎ出し工程に入っています。
で、注意してやっているにもかかわらず、つい力がかかってしまうんですね、やってしまいました。
今回はデカールのところばっかり。
自作デカールはやはり厚めのようで、段差を無くそうと頑張っちゃった結果です。^^;
下の写真は修正後。
フリーハンドでチョンチョンと塗料を乗せました。
P1050897-400.jpg
P1050899-400.jpg


P1050898-400.jpg
P1050901-400.jpg


P1050896-400.jpg
P1050902-400.jpg

以上です。

来週も多分更新できません。
悪しからず。<m(__)m>



プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター