FC2ブログ

11.足回りの工作と室内工作再び

足回りの組み立てに入ります。
シャーシパーツはエンジンの下半分とプロペラシャフトが一体モールドされています。
シャーシパネルはボディーと同色塗装なので、エンジンとPシャフトを塗装するにはマスキングする必要があります。
これがまた面倒なんだな・・・奥まったところのマスキング。(-_-)
別パーツ希望!
P1050871-500.jpg

面倒くさいけどマスキングして・・・
P1050872-500.jpg

塗装しました。
ミッションケースは別パーツです。
P1050874-500.jpg

基本的に素組です。
寸分の狂いもなくカッチリ組み上がるのは、さすがハセガワ!!
P1050879-500.jpg

ボルトやナットはシルバーでチョンチョンと塗装。
いいアクセントになります。
P1050880-500.jpg

後輪のショックアブソーバはちょっと色気を出して赤にしました。(指定はグレー)
スプリングを黄色なんかにすると、よりオシャレになったかも・・・。(^^ゞ
P1050881-500.jpg

あとはタイヤを取り付ければ完成です。


ところでボディーの方ですが、目下クリヤー塗装の乾燥中。(ガイアのGX-3)
研ぎ出しの前に、まだやっていない室内工作を進めることにします。
P1050884-500.jpg 

先ずはドアパネルについている部品類。
矢印部のパーツを作ります。
・三角窓の開閉ハンドル
・サイドウィンドウの開閉ハンドル
・ドアの開閉レバー
の3点。
実車1

丸いパーツはいつものようにリューターに咥えて旋盤加工。^^;
P1050882-400.jpg

出来たパーツがこれらです。
P1050883-500.jpg

という、実に中途半端な状態で今回は終了なのだ!(^^ゞ






スポンサーサイト



10.サイドモール

BMW2002はご存知のとおり、ボディーの周りぐるっと一周、サイドモールが施されています。
キットではこのモールがメッキパーツで再現されています。
一昔前であれば、ボディーにモールドされていて塗装指示がされていたのでしょうが、メッキの別パーツでリアル感がグッと増した仕上がりとなります。
ただ、ひねくれ物の私としては、このメッキのキラキラ感が好きでない。
もう少し落ち着いたキラキラ感が好みなのです。^^;
それからゲートの処理が難しい。
パーツは接着面にゲートがあって、表面に出ない様に気を使った出来になっているんですが、完璧に隠すのが難しい。
P1050863-500.jpg

これはちょっとひどい例ですが、ゲートの処理をちょっとミスると、写真のように素材の色が露わになってしまいます。
P1050866-500.jpg

ということが理由で、メッキは全て除去しました。
P1050867-500.jpg

ボディーにクリヤーを吹く前に、メッキを落としたモールを接着しました。
クリヤーの研ぎ出しが終わった後に、磨いたジュラルミンフィニッシュを貼るか、メッキ塗装するか、どちらかにしたいと思います。
まだ、思案中。まだまだ先のことです。(^^)v
P1050869-550.jpg

とりあえずここまで。
次回からシャシー側の工作に入ります。
基本的に素組の予定。



プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター