FC2ブログ

9.自作スライドマーク貼り

前回にスライドマークのデータを完成させたので、いよいよ貼り付け作業に入ります。
材料は、A-oneの”転写シール”。
これは反転したデータを印刷し、切り出して対象物に貼るんですが、普通のスライドマークのように貼った後の位置修正ができません。
貼る位置を一発で決めて、台紙を水にぬらして剥がす、というもの。^^;

はがきサイズの用紙に例のマークを印刷しました。
因みに、この材料には、ベースが透明なものと白のものがあります。
今回私は白で塗装するのでどちらでもいいのですが、取り敢えず透明タイプを使用しました。(両方在庫がありました。)
P1050848-400.jpg

切り出して、いざ、貼らんとす!!
P1050849-500.jpg

貼る側にある、透明シールを剥がすと粘着剤が付いていて、位置決めをしっかりしてから貼り付けます。
この状態で表面の台紙に水を含ませると、数十秒で台紙が剥がれます。
P1050850-500.jpg

ところが、これが難しい!
上手く密着していないところがヨレる。修正は効かない。
気泡が入る。抜こうとすると破れる。
とくにスカート部は曲面が多いので貼り辛いことこの上ない!(+_+)
以前作ったバンダイ版の2002も、ここまで苦労しなかったと思う。
小さい分貼り辛いのか、腕が落ちたのか・・・。
とにかく、失敗してもいいように5回分印刷してあるのに、すべて使い果たしても、結局納得いくものができません。
半分パニックで、失敗写真を撮る余裕すらありませんでした。(*_*)

ちょっと作戦の練り直し。



透明タイプの材料を使い果たしてしまったので、白地タイプのもので製作し直しました。
P1050855-500.jpg

切り出して、ラジエター下部の細いラインの部分を別に貼り付けることにします。
この細い部分が上手く貼れないことがほとんどです。
P1050862-500.jpg

この方法で、2回目でやっと納得できるものができました。
右下に気泡が入っていますが、台紙を剥がしてすぐに見つけても絶対触ってはいけません!!
じっと我慢で乾燥を待ちます。
乾燥すると結構強度が増すので、それから針で穴を明けて気泡を潰せば平らになります。
P1050857-500.jpg

デカールが乾いて強度が増したら、ラジエター下側の細いラインを貼り付けます。
作戦成功。やっと合格点のものができました。
少しタッチアップしてから、クリヤー塗装で何とかなると思います。
P1050858-500.jpg



スカート部に比べると、サイドのラインは楽勝です。
貼る位置さえしっかり決めてやれば一発OKです。(^^)v
P1050851-500.jpg

この状態でしっかり乾かします。
P1050852-500.jpg

乾いたらカットして出来上り。
P1050854-500.jpg

スカートを仮止めして様子を見ます。だいたいいいと思う。(^^)v
ボディーの色ですが、キットの指定色はクレオスの”ホワイトFS17875(316)”の指定です。
ちょっと濃いアイボリーなので、自分のイメージとは少し違う気がしました。
なので、クールホワイト(GX1)に316を混ぜて薄めのアイボリーにしてあります。
P1050861-550.jpg

ここまで来るのに何時間費やしたことか・・・((+_+)) 在庫があったばっかりに。(笑)
因みに、サードパーティーから赤色の修正されたデカールが販売されています。
それを買った方が絶対楽です。^^;
今回は意地!!
でも疲れた・・・。



スポンサーサイト



8.フロントスカート部

室内の工作が一段落したのでボディーの方に入っていきたいのですが、進めるうえで一つ気になっていることがあります。
フロントスカートとボディーサイドに貼るデカール。
このオレンジ色なんですが、「なんでこんな色なの?」って思う!
実車でこの色を使っていた時があったんですかねえ?
デカールスキャン-500

ネットで02turboの写真は沢山出てくるのですが、ほとんどがこの写真のように真っ赤なものばかり。
中にはちょっとくすんだようなものもあったけど、このオレンジは無いわな。^^;
実車1

で、デカールを自作します。
幸い、昔バンダイの02turboを作った時のデータが残っているので、データを縮小(1/20→1/24)すれば簡単だし、デカール用ラベルも残っているので、材料費は掛かりません。(^^)v
試しにフロントスカートのデカールを縮小して普通の紙に印刷してみましたが、切り出してあてがってみると合わない。^^;
長さに対して幅が広い!、曲線も開口部の寸法も合わない!!(+_+)
仕方がないのでこの部分のみデータの作り直し。
前回はCADで作図したのですが、結構面倒くさい。普段仕事でCADを使っているのに、趣味にまで携わりたくない!!
あ、気分によります。(自己矛盾に気が付いた。(^^ゞ)

で、スキャナーでスキャンしました。
スカートのデカール部のみを切り出し(ソフト上)、ペイントソフトで各部の色を流し込みました。
割と簡単に出来ました。少なくともCADで作図するより。(^^)v
P1050835-500.jpg

ボディーサイドのラインは以前のデータの縮小で問題なし。
デカール用紙のサイズに配置して出力準備完了。
P1050838-500.jpg

確認のため、切り出して両面テープで張り付けましたが、まあ問題なさそうです。
因みにデカール用紙は反転して印刷するので、この印刷とは勝手違いとなります。
P1050841-500.jpg



で、そのスカートを留めるボルト(小ネジ?)の頭をどうしようか悩みます。
凸モールドされているので、スカートを塗装してからシルバー塗料でチョンチョンと塗装するのがメーカーの指示です。
でもそれだと大きさにバラつきが出来てしまいそう。(私の場合は、です。(^^ゞ)
穴をあけて金属線を埋め込むのが仕上がりとしてよさそうですが、今回はもう少し楽をしようか、と・・・。
P1050829-500.jpg

サフを塗った後メタルックを貼りました。
凸モールドがかなり出っ張っているので、少し削って高さを低くしてあります。
P1050842-500.jpg

メタルプライマーを塗った後、ボディー色(クレオスのクールホワイト)を塗ります。
P1050845-500.jpg

ボルトの頭を尖った綿棒+シンナーで拭きとりました。
この方法が割と楽かな?と思っていましたが、シンナーを付けすぎると広範囲に流れてしまうし、少ないとなかなか拭き取れない。
神経を使って拭き取った割には結果は今一つ。
まあいいか・・程度の仕上がりですね。
オーバーフェンダーもボルト止めですが、そっちは別方法で対処します。
P1050847-500.jpg




7.フロアカーペットとダッシュボード

フロアカーッペトを敷きます。
材料は実車に使用する、スエード調のカッティングシート。
粘着剤付きで、曲面にもしわが寄らずに貼れるという優れもの!
カラーはグレー。
P1050804-500.jpg

ちょっとケバ立ちが目立ちますが、遠目に見るとそれほど変じゃないです。(^^ゞ
P1050805-500.jpg

分割しながら貼っていきます。
つなぎ目もあまり目立たなく貼れます。
P1050806-500.jpg

全部貼れたら、コンソールボックスやサイドブレーキを取り付けます。
コンソールボックスにある、カーステレオなどのつまみを自作したりして立体感を出していますが、あまりいい出来ではないので、アップの写真は無し。(^^ゞ
結構時間を掛けたんだけどヘタクソで自己嫌悪中。(._.)
P1050814-500.jpg



メーターパネルの工作です。
この窪んだところにメーターのデカールを貼るんですが、なんか上手くいきそうにない予感がするので別構想で行きます。
P1050807-400.jpg

くり抜きました。
P1050808-400.jpg

塗装して裏側に透明のフィルムを貼り付けます。
P1050811-400.jpg

メーターのデカールを、黒く塗ったプラ板に貼ります。
パネルの穴と各メーターの位置がずれないように神経を使いました。
因みにパネル裏のフィルムはカットしてあります。
P1050812-400.jpg

メーターと穴がずれないように接着。
P1050813-400.jpg

で、ダッシュボードに取り付け。
ダッシュボード中央のメーターは、メーカーの指示通りに、デカールをそのまま貼り付けています。
メインメーターを斜めから見たときに、キラッと光る反射光がいい感じ・・・という自己満足!
(中央のメーターはキラッが無し^^;)
ステアリングは3本のアーム部分は半艶黒、中央とハンドル部はグラファイトブラックで塗装しました。
P1050816-500.jpg

ダッシュボードを取り付けました。(まだ固定していません)
メーターの反射がいい感じ。(自画自賛^^;)
P1050815-500.jpg
P1050817-500.jpg




プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター