FC2ブログ

17.外装の工作3


リヤクウォーターのウィンドウを作ります。
これも0.5mmの透明プラ板から切り出しました。
P1040999-400.jpg

キズ防止にマスキングテープを貼って、ボディーの開口部に合わせながら上側ラインを仕上げます。
下部はボディー内部に差し込みそこで接着します。
前縁にサッシがあるので0.3mmのプラ板を切り出したものを貼り付けています。
P1050004-400.jpg

サッシ部分はミラーシールを貼りました。
裏側にはサイドウィンドウのガイドとなる部材を、これまた0.3mmのプラ板で取り付けています。
P1050007-400.jpg

ウィンドウの取り付けは、ボディー内部に接着した3mm角棒に接着します。
P1050005-400.jpg

あまり美しくない絵ですね。^^;
まあ、見えなくなっちゃうところですが、なんか心苦しい・・・(^^ゞ
P1050011-400.jpg

バスタブ型コックピットは、ウィンドウが侵入できるような隙間が無いため、板厚分削り込んでやる必要があります。
これは前側の三角ウィンドウにも言えることで、そちらも削りました。
P1050012-450.jpg

で、やっと全てのウィンドウを取り付けることが出来ました。
リヤウィンドウはキットのまま。
ただし、ラプロスの#4000、#6000、#8000で磨いた後、仕上げコンパウンドで磨いてあります。
ウィンドウの合いは申し分ありませんでした。
P1050022-500.jpg



さて、以前から気になっていたフロントグリルの仕上げに入ったのですが、予想通り苦戦しました。(+_+)
最終的にミラー塗装をするので、先ずは黒塗装。
P1050001-450.jpg

グリル内部の横ラインもメッキ仕上げなのでメタルックを貼ります。
P1050008-450.jpg

横ラインの間は本来開口していますが、今回は艶消し黒塗装で済ませようと思いました。
タミヤのエナメル塗料、艶消し黒です。筆塗。
P1050009-450.jpg

乾いたところでモールドの出っ張ったところをエナメルシンナーでふき取ります・・・。
うーん、気に入らない・・・。 どうしても気に入らない!!
P1050013-450.jpg

もう、こうしてやる!!とばかりにくり抜きましたよ。^^;
あーあ、また面倒くさいことをやってしまった・・・
これでまた完成日程が遠のいてしまった・・・(日程なんてないけど^^;)
P1050014-450.jpg

横ラインは0.5mmの洋白線を使おうと思います。
0.5mmのプラ板2枚を重ねてテープで固定してから、洋白線を通す穴を明けます。
P1050015-400.jpg

こんな感じにして・・・
P1050017-450.jpg

長さを整えて瞬着で固定。
P1050018-450.jpg

何とか形になりました。
最初のものよりリアル感は増したと思いますが、プラ板で作ったステーを目立たなくするための処理が上手くできるかどうか、仕上がってみないと何とも言えませんね。(^^ゞ
P1050019-500.jpg





スポンサーサイト



16.外装の工作 2 と 届いたハセガワ DT1


リヤウィンドウ周りのモールですが、キットのモールドはとっても狭いです。
実車の写真を見るとしっかりと存在しています。
再現しようと思えばできなくはなさそうですが、ちょっと元気無し。^^;
もういい加減仕上げたい・・・(笑)
なのでこのまま行きます。
ただし、ミラーシールを貼るにも、貼り代が狭すぎてきれいに仕上げる自信なし!
ミラー塗装にします。
また、面倒くさいマスキング。(+_+)
P1040977-400.jpg
実車1 

三角窓も最初から塗装のつもりでいたので一緒に処理します。
(ミラーシールの方がよかったかも・・・)
P1040978-400.jpg

で、リヤウィンドウ。
あまり美しくない・・・
P1040995-450.jpg

三角窓の塗装も明らかに光沢が違いますね。まあ、いいや・・・(で乗り切る) (^^ゞ
ボディーサイドの白ライン周りのモールもミラーシールを貼りました。
細く切り出したシールを少し伸ばしながら貼っていきます。
P1040993-550.jpg

大分引き締まりましたね。
P1040996-550.jpg

他にも細かな作業をしましたが、写真でアップするほど、まとまった作業ではないので割愛します。




そして、遂に本日待ちに待った「DT-1」が届きました!!(ウヒヒヒ(^^)v)

パッケージのデザインは昔のまんま。
ただし、  箱がでかい!! 記憶違いじゃないぞ!
P1040979-400.jpg

ほら、中身スカスカでしょ。
まあ、大勢に影響は無いのでいいんだけど、狙いはなんなのでしょう・・・?
P1040980-500.jpg


中身見ていきます。
フロントフェンダー。縦に二つ割り。
昔はメッキパーツの接着ラインをどう処理していいかわからず、泣き寝入り状態でした・・・
P1040981-500.jpg

フェンダーとステーの接合部。ステーを作り替え決定!
今はいろいろな材料があるので助かります!(^^)v
P1040997-400.jpg

エンジンのフィンとフィンの間、堀が浅いです。
深くしたいです・・・
P1040982-500.jpg

クロームメッキのフロントフォークも二つ割り。
改造のし甲斐があるってもんで・・・(^^ゞ
P1040984-500.jpg

キットの作例を見て、ハンドル形状が今一つ引っかかっています。
是非直したいところ。
P1040985-500.jpg

今回初めて挑戦する予定のスポーク張り替え。
上手くできるでしょうか?・・・
P1040986-450.jpg

ザラザラ感が激しすぎるシートも何とかしましょうね。(^^)v
P1040990-500.jpg

デカールは今回の再販で新しくしたのでしょうか?
ハセガワのロゴが新しいので多分新バージョンだと思いますが、昔のキットのデカールは覚えていません。
タンクのラインなんかも昔はデカールに無かったような気がしないでもない・・・
P1040983-400.jpg

そのタンクですが、デカールを貼る位置が凸モールドされています。
実に親切ではあるんですが、あまりにもラインが太い!
凸モールドを削除したいけどデカールの位置出しが難しそう。さてどうするか?・・・
P1040991-500.jpg

などと考えているときって、すっごく楽しい・・・(^^)v



15.外装の工作 1

毎年のことながら、所得税の確定申告は面倒くさい。(+_+)
申告期間が1か月あるとはいえ、期限間近に仕事が忙しくなってジタバタするのは嫌なので、できるうちに早いとこ澄ませてしまおうと先週の土日に終わらせました。
e-tax(電子申告)にも慣れてきたせいもあるかもしれませんが、国税庁のホームページから申告書の作成~アップロードがやり易くなった気がします。
まあ、いろいろ改良されているんでしょうけどね。

で、製作記ですがボディーの研ぎ出しをしました。
この車はかなりエッジが多いので下地を出さないように慎重に磨き始めたんですが、だんだん慣れてくるとつい力が入ってしまいます。
今回もやってしまいました。(-_-)
P1040957-400.jpg

マスキングテープで下地が出たとこ以外をマスキングするんですが、再塗装の境界を如何にボカすかが難しいところ。
そこでマスキングテープの端を2mmくらい織り込んでおきます
P1040958-400.jpg

そして塗装する部分を少し浮かせるようにマスキングします。
P1040960-450.jpg

少しづつうっすらと吹き付けること3回程度。クリヤーも吹いておきます。
で、なんとか補修できました。
もう研ぎ出しはせずにコンパウンドで磨くだけで完了としました。^^;
P1040961-500.jpg



次に、各部のモールを仕上げますが、ツートンカラーのボディーは色の境目にモールが施されています。
実車1

このモール、本来ならボディーの塗装前に取り付けておくべきだったんですが、忘れておりました。(^^ゞ
今からやります。(笑)
P1040963-400.jpg

接着剤は「ハイグレード 模型用接着剤」セメダイン。結構人気ですね。
塗装を侵さないので、はみ出しても後から取り除くことができます。
接着後、テープで固定するなんて普通のプラスチック用接着剤では不可能ですね。
P1040964-450.jpg

0.3mmのプラ板から切り出したモールです。
P1040965-500.jpg

Cピラー下部とリヤウインドウ下部の3分割でモールを再現しました。
P1040966-500.jpg

何とか出来上がり。
最終的にメッキシールを貼ります。
P1040967-500.jpg



そのメッキシールはいつものように、磨きを入れたジュラルミンフィニッシュ。
ミラーフィニッシュよりギラギラ感が抑えられていていい感じです。
P1040969-500.jpg

ここまでやったら疲れたのでおしまい。(^^ゞ
折角取り付けたモールにも貼ればいいのに・・・
でもね、やっぱり疲れた時にやっても上手く行かないことが多いんですよ。
だから お・し・ま・い。
P1040970-500.jpg



プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター