溝呂木陽水彩画展

9/7(土曜日)に普段から何かとお世話になっている溝呂木さんの個展にお邪魔しました。
原宿にある”ペーターズ・ギャラリー”です。
溝呂木さんの個展は毎年行われているのですが、私は今回初めてのお邪魔虫。
駅から原宿の通りを、若者らをかき分けかき分け歩くこと数分、少し落ち着いたところにギャラリーはありました。

入り口を入ってすぐ右側の壁
20225-600.jpg 

入り口を入ったところから少し階段を下りるようにして一階のフロア。
スポーツカーグラフィックなどの出版物や、奥には仕事で描かれたツールドフランスの水彩画が展示されています。
20226-600.jpg 

同じ場所から二階へ行く階段を上がるとこのフロア。
20224-600.jpg 

原画をじっくり拝見しました。
透明なウィンドウ、反射して輝いているところ、メッキのところが普通の絵の具で描けてしまう所が不思議に思えます・・・
20220-600.jpg 

題名:モンマルトルの朝
題名を見ずとも、朝の風景であることが伝わって来るような作品。
20221-400.jpg 

こんな感じで仕上げていくんですよ・・・
20223-400.jpg 

こちらはプラモデル作品群。立体イラストでもある・・・。ペーパークラフトもあります。
20216-600.jpg 

ペーパークラフトによるジオラマ。
20217-600.jpg 

ギャラリーに先に来ていた方々と溝呂木さんとの会話の中に私も少し入れさせてもらい、楽しいひと時を過ごさせていただきました。
私はこの後ちょっと寄る所があったので早めに失礼させてもらいましたが、もう少しいればもっといろいろと弾む話が有ったようです。
来年は私もプラモデルを持っていこうかな。

スポンサーサイト

S.E.M.湘南モデルカー愛好会 20周年記念展示会

9月7日、8日の両日、S.E.M湘南モデルカー愛好会の20周年記念展示会が、大船にある鎌倉芸術館にて行われました。
私は土曜日にお伺いし、たっぷりと目の保養をさせてもらってきました。
一通り拝見した後、ホームページにてリンクさせていただいているTZさんとnanapapaさんに作品の解説をしていただきました。
とくにnanapapaさんにはJWさんと一緒に、製作時の苦労話や塗装の解説、作品を写真に撮るときのテクニックなどたいへん参考になるお話を聞かせていただきました。

20年の歴史があるとはいえ、一つのモデラーズクラブでこれだけの素晴らしい作品を展示できるわけですから、S.E.M.の底力はものすごいですね。
プロ、セミプロが何人もいらっしゃるわけですが、どの作品もプロ、セミプロの作品と言っても過言ではない内容でした。

これだけの作品があると全て写真に撮るだけの勇気が出ず、気持ちの赴くまま目に止ったものを撮影させてもらいました。
中には目に止りつつも、作品に見とれただけで撮り忘れたものもありましたが、とりあえず在るものだけを掲載させてもらいます。
会場内風景
20214-600.jpg

先ずはnanapapaさんの作品。
何年か前のホビーフォーラムにてこの作品を拝見し、シルバーの粒子の細かさに驚いたことを覚えています。
20180-450.jpg 

クリヤーの艶が一味違います。これが20年も前の作品!!(゜o゜)
20198-450.jpg 

大変美しい仕上がり。窓枠はキッチンテープ(アルミテープ)だそうです。
20208-450.jpg 

これも大変美しい仕上がりですが、本人は失敗作だと・・・あそことここがナニだそうです。
20213-450.jpg 



こちらはTZさんの最新作ですね。
20176-450.jpg 

決まってますねえ。大変美しい仕上がりです。
20181-450.jpg 

タミヤの1/24のキットは単なる素材で徹底的に手が加えられています。
20195-450.jpg 



S.E.M.代表で、言わずと知れた北澤志朗さんの作品。
北澤さんも私も藤沢育ちなので、昔よく行った模型屋の話などさせていただきました。
20185-450.jpg

20188-450.jpg 

フル開閉のロータスヨーロッパ。私もいつか作らねば・・・
20189-450.jpg 

今では手に入りにくいDB4。
20194-450.jpg

20196-450.jpg 



斎藤俊幸さん。
ハセガワ1/24のフル開閉+エンジンスクラッチ。
モデルカーズ90号に掲載された作品だそうです。
20182-450.jpg

20200-450.jpg 

食玩のマッハⅢに手を加えてジオラマに。
長さ数センチのバイクのスポークを張り替えるという凝りよう。
私の年代にはあこがれのジャジャ馬バイクなので目が点です。
20211-450.jpg 



フル開閉といえばかっぱコージさんですよね。
20186-450.jpg 

すごいなー!
20203-450_201309091428498c8.jpg 

いやはや、すっごいなー!!
20205-450.jpg 



ツチハシさん。
とても美しい仕上がりです。
これを見ると私も作ってみたくなります。
117はあこがれの車でしたから・・・
20178-450.jpg  

20204-450.jpg 



小田俊也さん。
プロポーション重視の作品ということですが、オブジェのようでオシャレです。いいなあ。
20177-450.jpg 



マカロニさん。
省略されたエンジン下部はスクラッチされたよう。
日産自動車がショールームに欲しがるのでは・・・
20179-450.jpg 



すみません。作者名見落としました。
エンジンルームがスクラッチのシティー。
昔乗ってたことがあるのでとても懐かしい。
20184-450.jpg 



オミッターズさん。
X1/9のレジンモデルですね。1/24
キットとしてはこれ以外にバンダイの1/20があるだけですね。たしか・・・
バンダイのX1/9、頑張るぞー。(ただ今製作中)
20187-450.jpg 



Lさん。
大変美しい仕上がりでした。細部まで決まっています。
とてもアメプラとは思えませんでした。
20192-450.jpg 



(む)印さん。
ハセガワのR75。貴重なキットですね。
同シリーズのDT1やXSはたまに見ますが、R75はほとんど見ませんね。
バイクのデディールアップの定番であるスポークの張り替えも、大変美しい仕上がりでした。
20199-450.jpg 



吉田 優さん。
エアフィックスの1/24 300SL。
綺麗に出来てますねー。
私はエレールの1/24をしくじってしまったので、完成品を見ると心が痛みます。(-_-)
いつか再起させたいと思っていますが何時になることやら・・・
20209-450.jpg 



大船って高校に通っていた時の乗換駅だったんですが、そういえば下車した記憶が無い・・・
いや、小学校の頃はフラワーセンターは遠足コースだったよね。
大船観音も行った記憶はありますね。
いずれにしてもそれらは西側で鎌倉芸術館は東側。
だいたい大船って鎌倉っていう気がしない。藤沢市大船かな。私の中では・・・
あ、今回の展示会には全く関係のない「つぶやき」でした。(^_^;)



プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター