ポルシェ356スピードスター製作 その1


Benz300SLの悪夢から逃れるために、なにを作ろうかと思案した末に、このポルシェ356に決めました。
FUJIMIのエンスーです。
そのパーツのいおおさと言ったらそのまま1/12にしても全くおかしくないほどのキットです。
数年前に作りかけたんですが、あることがきっかけで製作意欲がなくなりました。
決してパーツの多さに降参した訳ではありません!!。

その理由はウィンドシールドです。
シャーシ部やエンジンなど実車のパーツリストを基にしたかのような作りに対して、あまりにもお粗末なウィンドシールドに呆れかえってしまったのです。
スピードスターのあの特徴ある形状が全く再現されていず、その当時どうすることもできずにお蔵入りとなっていました。
なんとか形状を整えようかと手を加えたのですが、どうにもなりません。
20478-450.jpg 
最近の作品でウィンドシールドの自作にも慣れてきたので、この車もどうにかなるかな?という気になってきたわけです。

因みにシャシー部はここまで組んであります。
フロアは起毛したカッティングシートを貼り付けてあります。
カーペットの感じを表現するのにいい材料だと思います。
20470-450.jpg 

フロント足回り。
最終的にこの部分はカバーされて全く見えなくなります。
20471-450.jpg 



そして肝心なウィンドシールドの製作になりますが、定番の工作です。
キットのウィンドシールドのRを基に、自分のイメージを盛り込んだ形状にアルミ板を曲げます。
下は0.5mmの透明プラ板です。
20466-400.jpg 

プラ板をアルミ板に沿わせてマスキングテープで密着させます。
失敗したときの予備を含め2枚作っておきます。
この上から沸騰したお湯をざっとかけます。
あまり長時間つけておくと透明度が損なわれるのでほどほどに。
20467-400.jpg 

こんな感じに曲がってくれます。
20468-450.jpg 

そこからが根気勝負で、ボディーに当てがってはあっちを削りこっちを削りすること約2時間。
何とか納得の形状となりました。
20484-450.jpg 

前から見たり、
28480-400.jpg 

真横から見たりして、実車の写真と見比べつつ、仕上げてゆきます。
20482-450.jpg
この後窓枠の製作となりますが、もうすこしイメージを固めてから製作に入っていくことにして、とりあえず一先ず休憩。



室内の製作を進めることにしますが、ダッシュボードが出来上がらないと進めることが出来ません。
ダッシュボードにはメーターのデカール(6,7,8)を貼るようになっていますが、黒くつぶれているので使いたくありません。
20489-400.jpg 

で、例によって商売道具のCADにてメーターの絵を描いて、ハードコピーをしてあれしてこれしてinkscapeに取り込みます。
実際のメーター径はΦ3.5程に対してΦ100で描いています。
黒枠の長さは500mmにしたので、3.5/100×500=17.5(mm)に指定してやればいいわけだ。
20485-450.jpg 

で出来上がり。メーター径はちゃんと3.5mmになっていますね。
20488-400.jpg 

てなわけでお蔵入りだった356もなんとか日の目を見せてあげることが出来そうです。

スポンサーサイト

Benz 300SL 撃沈!!

エレールのキットは歪が多いことは覚悟をしていました。
左右のドアといい、ボンネットといい歪はこんな感じ。
特に驚くほどのことではなかったのですが、この修正に蒸気を当てて歪修正の途中

大失敗をやらかしてしまった!!!

パーツを取り寄せることもできず・・・

あまりにも無残で写真に撮る気にもならず・・・

081511-400.jpg
081509-400.jpg

パーツを自作するだけの根性無いし。

撃沈と相成りました・・・おはずかしい・・・
まだ製作にあまり時間をかけていなかったことがせめてもの救い、と自分に言い聞かせております。

ということでテーマを変えます。未定ですが。


プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター