2002制作 その33

やり残しのあった工作をします。

まず、ワイパーのスタビライザー。
0.3mmのプラ板でも厚すぎるので、何かのパッケージ(よく小物の電気製品などを吊るして売っている透明な板)を使用しました。板厚0.15mm。
切り出して曲げて塗装したところ。全長7mm。
10624-350.jpg

で、ワイパーアームに取り付けました。
10626-350.jpg



次は気に入らなかったナンバープレートです。

先ずはフォント探しから始まりました。
漢字フォントと違って、アルファベットは探せばたーくさん出てきます。
一つ一つ確認していきましたが、とてもじゃないけど見きれん!
半日探していいのが見つからず諦めました。
自分で作っちゃたほうが早い、という結論に達しました。

ここで欧州連合のナンバープレートを調べてみました。

右側の青地にあるDはドイツのドです。(GERMANYのGじゃないのね)
次のMはミュンヘンの頭文字。BMWの本社がある場所を示しています。
その隣りは登録年月のマークに地域のマークのようです。
それ以降は勝手に付けていいらしいアルファベットやナンバー。

そのフォントの資料が見つかったので、使い慣れたCADで作成しました。
legendag_NewGermanSmallDecal.jpg

結局、ナンバープレートをつくるだけで1日以上かかってしまった。(^_^;)
10621-350.jpg

取り付けました。
おしゃれですね。カラフルだし。日本のもデザイン変えればいいのに・・・
10622-400.jpg

こちら前回の旧ドイツナンバープレート。
今まで作った作品は、その当時のナンバープレートを取り付けることにしていましたが、今回はどうしても気に入らなかったので特別です。
10614-400.jpg

そういうわけでこれで本当に完成となりました。
去年の6月から作りはじめて約10ヶ月掛かってしまった。
ひとつのプラモデルにこれだけ掛けたのは初めてです。
気が向かないときにはやらない、というスタンスが良かったと思います。

満足満足。

次はいつから始めよう・・・


スポンサーサイト

2002制作 その32

震災から9日過ぎました。
亡くなられた方の多さ、かろうじて生き延びる事はできたけど避難生活の厳しさ、悲しさ、胸が痛くなります。
その方々に対して私がしたことといったら、少しばかりの義援金と思いやることだけでした。
ボランティアに出かける方々の行動力に頭が下がります。

福島原発や計画停電など気になることはまだ沢山ありますが、仕事はそれなりに進めなくてはならないし、日常生活も計画停電のもとに戻していきます。

先週書きかけていた写真の解説を続けます。
2枚ほどプラスしてあります。

(3/20追記)

気持ちを切り替えて。

先日、とりあえず組んだアンテナがどうも納得いなないので作り直しことにしました。
SUS線の先に、よくある赤いクリヤーのテールランプがぶら下がっているランナー部を細くして、差し込み接着します。
10600-350.jpg 

SUS線をルーターに咥えて形状を整えながら削り込みました。
10602-350.jpg 

こんな感じになりました。
2002の純正アンテナが本当にこうなっているのか、ちょっと?なんですが、私の見た写真の2枚にこのような赤い先端がくっついていたのできっとこうなんでしょう。勝手にそういうことにしました。
10611-230.jpg 



フロントフェンダーの鼻先と、テールランプサイドにあるBMWのエンブレムを作成することにします。
以前作っておいたものはちょっと気に入らなくなったので、新たに作ることにしました。
例によって「プリクラシール」用の廃物利用です。
10588-350.jpg 

で、一枚切り出したのがこれです。
マーク外周部とBMWの文字はシルバーメッキなので、やはり白地のシールにインクジェットプリンターではこれが限界。
しかし、作り直したはいいけどやはり気に入らないです。
10589-350.jpg 

アルプスのなんとかいうプリンターなら、きっともっとリアルにできるんでしょうが、無いものはしょうがない。
もう製造中止だし・・・(売ってたとしても買わないけど・・)
とは思っても、何とかならんものかと無い知恵を絞りました。

そこで先ず、光沢シルバーのラベル紙に黒い部分だけ印刷。文字と外周部は白抜きなので素材色のシルバーです。
10590-350.jpg 

こちらは、プリクラシール(白地)にマーク中心の青と白の部分だけ印刷。
10591-350.jpg 

彫刻刀の中丸と小丸を使って各々を切り出します。
これがまた大変!!もっといい方法がないもんでしょうか?
10594-350.jpg 

合わせて貼った上からエナメルクリヤーを盛り上げ塗装します。2,3回重ね塗りして球面にしました。
右下は最初の物。
写真では良く分かりませんが、シルバー部分はキラキラしていい感じ。
10599-350.jpg 

鼻先と
10605-400.jpg

テール部に貼り着けました。
アルプスのプリンターが無くても何とかなりましたね。(^^)v

そうそう、turboと2002のエンブレムも貼っつけました。
10610-400.jpg



次はボンネット内部のcaution plateの制作です。
これはプリクラシールではなく、自作用転写シールです。
10596-400.jpg

一応実車の写真を見ながらそれっぽく作りましたが、もちろん文章はめちゃくちゃ。
でもちゃんとアルファベットを並べてあります。意味ないけど・・・
10604-400.jpg

おまけにボンネット裏側に遮音材?(断熱材か?)を貼り着けました。
材料は硬質スポンジを1mm程度に薄くカットして塗装したものです。
10616-350.jpg

もう一つおまけにライセンスプレートと排気管。
ナンバープレートはEU統合前のものですが、なんかおもしろくないですね。
フォントも気に入りません。変えようかな、と思ってます。
現在手持ちのナンバープレート用として使えそうなフォント(freeの)は
・License Plate
・kenteken
・miso
・TRMフォントJB
ですが、これ以外にいいものがあったら、どなたか教えてくださいな。
10614-400.jpg 

外観はこれでほぼ完成。
あとボンネットステーの仕上げでおしまいです。とりあえず。
10611-450.jpg 


来週あたり写真撮影会かな?




2002制作 その31

確定申告も終わり、やっと落ち着いて制作の再開となりました。

先ずはバンパーから。
ただ単にミラークロームを吹いて終りにしようと思いましたが、この帯状の膨らみが今ひとつダルくて作り替えることにしました。
削り取って0.3mmのプラ板を巻きました。
10573-350.jpg

巻いたところの写真を撮り忘れて、いきなり塗装後です。
大して代わり映えしていないように見えますが、多少シャープにはなりました。
自己満足の範疇です。
10577-350.jpg



アンテナを製作しました。
0.8mmの真鍮パイプと0.45mmのSUS線です。
パイプはシルバー地の物が欲しかったのですが、近くの模型屋ではこれしか無かったのでしょうがない。
10572-350.jpg

組み立てるとこんな感じです。
実車では3段スライドですが、とても無理なのであくまでも「らしく」です。
この時点では「銀SUN」でシルバーにしましたが、SUS線とのトーンが違うため、結局ミラーシルバー塗装に変更しました。
10578-350.jpg

Aピラーに取り付けました。
まあ、実車の雰囲気にはなりました。
10580-350.jpg



次はワイパーです。
以前作っておいたパーツを組み立てました。
10582-350.jpg

左側のワイパーがちょっと長いかも。っていうか両方共少し大きかったかもしれない。
またまた、「ま、いいか」の出番となりました。
気が向いたら作り直そう。
10584-450.jpg

10586-350.jpg

もう完成はすぐそこです。
ボンネット内部の仕上げ(ステーやステッカー類)、ナンバープレートやエンブレムなどです。
ただ、慌てて完成を急ぐとろくな事にならないので落ち着いてやっていきます。
あえて、3月中には完成、などど宣言しません。



プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター