2002製作 その16

ペダルセットを接着しようとしました。
で、実車はどうなってんのかな?と思い、
10379-350.jpg

資料の写真を良く見てみると、(゜o゜)
違うじゃないのサ!!
吊り下げ式じゃないじゃん!
pedaly-350.jpg

あー、資料なんか見るんじゃなかった。足元なんかあまり見えるところじゃないし・・・
しかし、知ってしまったからには変更しない訳にはいかないかね。
やらないと後できっと後悔するよな・・・
などと葛藤しながらペダル類をカットしました。
で、それらしく作りましたよ。(+_+)
10382-350.jpg

こんなかんじになりました。
ちょっと右に寄りすぎているようだけど、わたし得意の「まあ、いいか」で済ませます。^_^;
10385-500.jpg



次はステアリングポスト(っていうのかな?)両脇のウィンカーや ? ? ? のレバーを0.45mmのSUS線で作り替え。
先っちょはプラ棒の削り出し。
ついでにシフトレバーのアームも虫ピン(φ0.8)を利用して置き換え。
10389-500.jpg

やはりシルバー塗装に比べて格段にリアルになりますね。
10399-500.jpg



内装も大分進んできたので、ちょっと仮組み。
あ、ボディーのほうですが、ヘッドライトの裏側がスカスカだったのでプラバンにて塞いであります。
こうしないと前輪が丸見えになってしまいます。
10395-500.jpg

特に問題はなさそうですね。
因みにカラーはクレオスのスーパーホワイト(No.156)です。
10393-500.jpg





スポンサーサイト

ストックリスト (番外1)

P1010181.jpg

物持ちがいいというのでしょうか・・・
左から、マルサンのプラシャイン、ピラーのシルバー、レベルカラー(グンゼ)のクリヤオレンジ、同じくレベルカラーの薄め液。

先ずはプラシャイン
もうかれこれ40年近くなるのでしょうか。シルバー塗料は数々あれど、銀粉仕上げは画期的でした。
黒く塗装した上にプラシャインを振りかけ、磨いて光沢を出す、というもの。
今で言う、「こすって銀SUN」と同じ種類のものです。
ただ、「こすって銀SUN」には到底及ばないのは、やはり時代の違いですね。
あまり使わずに机の引き出しにずっと眠っていました。だから中身はまだたっぷりあります。

お次はピラーのシルバー
これも40年近く前のもの。
割と最近知ったのですが、ピラーって純国産だったのね。
ラッカー系の塗料メーカーは当時、マルサンのプラカラー、レベルカラー、ちっちゃな缶入りのモデルカラーなどがありましたが、ピラーのシルバーは他社のものと違い、アルミ地の輝きに似ていて、とても感動的でした。
大事に使っていたものだからあまり使わずに今日まで来てしまいました。(^_^;)
自然と揮発してしまって、シンナーやクリヤーなど混ぜた物だから、昔の独特の輝きが出なくなってしまった!
今は、シルバーの種類はたーーーーくさんあるので困っているわけではありませんが、ちょっと残念。

次、レベルカラーのクリヤオレンジ
ウィンカーの塗装に筆でちょっと塗るだけ、おまけにこの時代は18ml(現在は10ml)も入っているものだから減らない減らない。
揮発もしないで今までよくがんばりました。これからもがんばりましょう。
(レベルカラーの茶も現役で活躍中)

最後はレベルカラーのシンナー。(空き瓶)
この当時、シンナー遊びというものが初めて問題になって、うすめ液という名称になりました。

みんな懐かしい思い出の品々です。






2002製作 その15

ステアリングセンターのホーンのパッドが、とても貧弱なので作成します。
プラ棒の先端に1.2tのプラ板を大まかに丸く切り出したものを、瞬間接着剤で接着します。
それをリューターに加えて外形やパッド面を整えます。
10369-500のコピー

接着部を切り離して、接着面を整えてパッドの完成。
10370-500.jpg

このキットの製作に取り掛かるときに描いておいた「BMW」のマークが、やっと出番となりました。
印刷用紙は、もう使わなくなったプリクラシール用のフィルム。
小さいほうはφ2、大きいほうはφ4です。
ステアリングのパッド用はφ2のほう。φ4はボンネット先端に貼るもの。
印刷ソフトはInkscapeです。
10371-500.jpg

拡大画像。2004年製のインクジェットでも、これだけできればまだまだ現役だね。
10373-350.jpg

で、貼り付けたのがこれです。(拡大するとアラが目立つなあ。)
10378-500.jpg




ステアリングを取り付ける側のダッシュボードは、こんなふうになりました。
メーター脇のプルノブや、メーター下部のスライドレバーなど手を加えてあります。
10376-500.jpg




2002製作 その14

エンジンをシャーシに乗せ、パーツ類を所定の位置へ取り付け。
左側は完了。右側のパーツ類はボディーを乗せてから取り付けです。
10357-500.jpg

足回りを組みました。ほとんど素組み。
アーム類がダイカストなのでズッシリしていていい感じ。
ちなみに取り付けはプラスの小ねじです。
10359-500.jpg

フロント側
10360-500.jpg

こちらリヤ。
10361-500.jpg

10363-350.jpg
 フロント側面
スプリング上部が斜めになっているところがちょっとイヤかも。



10362-350.jpg
 リヤ側面




2002製作 その13

プラグコードを配線しました。
1/24ではコードをまとめるなんてこと殆どしないのですが、やはりちょっと大きいし、資料の写真なんぞ見てしまうと、やっとかないと後で絶対後悔することになると思うので、それらしくまとめました。
これだけのことにも、結構時間がかかるんだよね。
 しかしこのデスビ、なんかデカイような気がする・ ・ ・ ま、いいけど。作る気ないし。
10349-500.jpg



わたしの製作スタイルとして、気の向いたところから手を付けていくもんだから、突然室内に行きます。
フロアカーペットの再現ですが、モールドが凸凹しているのでそのままつや消し塗装でもOKです。
でもそれじゃつまらない。少し濃い目の塗装で砂吹きという手もありますね。
私の場合、以前から起毛したカッティングシートを貼っています。
色は黒ですが、買ったままだとまるでベッチンのような風合いで、まっっっ黒だからグレーをサッと吹いてあります。
 ちなみに赤も売っております。
10351-500.jpg

こんな感じになります。
今まで作った、フェアレディーやS800、Dinoもみんなこの処理です。
10355-500.jpg

それにしても、毎日暑い!!! 息しているだけで疲れるね。
早く秋が来ることを待ち望んでいる今日この頃・・・





プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター