プロフィール

<プロフィール>

・生まれた年 : 1950年代前半

・育った所と今住んでいる所
育ったところは神奈川県藤沢市。海のそばです。
社会人になってからは埼玉在住。茶所です。(海が恋しい今日この頃)

・仕事
機械の設計をしてます。個人事業。
ちなみに3DCADを少しかじっていますが、これはもうバーチャルプラモデル!
趣味と仕事の区別がつかなくなりそう!!

・プラモデルとの出会い
今になって思えば、小学校に上がったばかりだったと思う。
今は亡き父が、「イ号潜水艦」を買ってきてくれたのが始めてのプラモデルとの出会いだった。
でっかいスクリューの反力を打ち消すために、あんなに長い針金に錘をぶら下げてたんだね。(最近納得)
それからこれ、自動浮沈だったのね!?
その頃は確認できず。

I-GOU.jpg

それ以降はもうプラモデルの虜です。
親に30円もらっては近所のおもちゃ屋や駄菓子屋で三共のピーナッツシリーズを買い捲っていました。
正に「三丁目の夕日」そのものです。
テレビの「陸と海と空」見てましたね。

その頃(小学生の頃)作るものは、ほとんど飛行機ばかり。
ほかにはサブマリン707などの潜水艦や戦車なんかも作って遊んだ・・・。
小学生の頃はプラモデルは作って遊ぶものでしたね。

PEANUT.jpg
(モデルアート社 モデルスプラスチック’60より)

車のプラモデルも例に漏れず、走らせることが主になっていたけど、車そのものの種類が少なかったせいか、タミヤの1/12が出るまであまり作らなかった。

中学を卒業する頃からはモーターを乗せない車を追い求めていたと思う。
そのため1/24の車はもっぱら外国製に走ってました。
1/12の半分の大きさの車体の中にエンジンが入っていて、足回りもちゃんとできていて、わくわくしたものです。





結婚して子供が出来て、落ち着いて作れる部屋がなくなってからはプラモデル製作からは遠のいてしまいましたが、たまに模型屋で気に入ったものがあると、せっせと買い込んでおりました。
(ストックリストをご覧ください)

電動ラジコンが流行ればブームに乗り、自作パソコンが流行れば秋葉原通いをし、もうプラモデルは作らないかも・・などと思っているころ、実家を建て替えるということで、そのままななっていた自分の部屋を片付けることになりました。
プラモから離れていた私はろくに確認もせず「全部捨てちゃっていいよ」と、のたまってしまった!

それまでとっておいた作品、これは大したものが無かったのでどうってことないのですが、創刊一桁号から買っていたモデルアート数十冊、タミヤニュースも数十冊捨てちゃった・・・(泣)

残ったものは作っていないプラモだけ、という苦い思い出があります。

今でもモデルアートを見るたびに、その苦い思い出がよみがえります。






スポンサーサイト

プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター