ボディーの仕上げ工作(その2)

「ピアノの上と工作机」の本館の編集は、ホームページ作成用のソフトを使っていますが、そのソフトが入っているパソコンが挙動不審です。
セクタの不具合のレポートが上がっているので、それに起因する挙動かもしれないんですが、ネットにアクセスするとHDDランプが付きっぱなしになってなにも受け付けなくなる。
時間ばかりかかるのでこの際新しいパソコンに変えようと思います。
ちなみに今これを書いているパソコンはノートですが、画面が狭いのであまり使いたくない。
新しいのが来るまでがまんしますが、ブログに製作記を書くのはあくまでも臨時です。
ということで進行状況を書きます。


ボンネットのこの部分、金網がモールドされていましたが開口しました。
P1040274-450.jpg


手持ちの60メッシュの金網です。
ちなみに60メッシュとは1インチ(=25.4mm)にワイヤーが60本あります、という意味です。
計算するとワイヤーのピッチは約0.42mmということになりますね。
そんなイメージの金網です。
P1040275-400.jpg


金網を黒く塗装して裏から貼り付けます。ゼリー状の舜着を使いました。
P1040276-450.jpg


外側から見るとこんな感じで金網がよくわかりますが、ボディーをシャーシに被せて内部が暗くなると、金網の存在感はなくなると思われ・・・(^^ゞ まあ、自己満足の部類ですね。(笑)
P1040277-450.jpg




サイドウィンドウのパーツです。三角窓からリヤクウォーターウィンドウまでの一体モールド。
P1040271-450.jpg


それを3分割に。
P1040272-450.jpg


この部分のウィンドウを下げたかったんです。このほうが内部がよく見えます。
P1040281-450.jpg


フロントウィンドウも外周を黒く塗ったり、サンバイザーを室内色にしたり、結構面倒でした。(^^;
P1040278-450.jpg




これはリヤハッチのヒンジ押さえです。1mmのプラ板からの製作です。
P1040282-300.jpg


ここに付きます。この後ちゃんと塗装しましたよ。
P1040283-450.jpg




そしてやっとシャシーにボディーを被せることができました。
P1040284-500.jpg



P1040285-500.jpg


リヤハッチもちゃんと開きます。
P1040286-500.jpg

あとはフロントとリヤにサイドマーカーの取り付け、エンブレム類の取り付け、それとまだ作っていないワイパーも取り付けねば・・・。(^^;
そうそう、リヤハッチのガススプリングも必要ですね。
まだ終われそうもないですね。





スポンサーサイト

プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター