ストックリスト (番外1)

P1010181.jpg

物持ちがいいというのでしょうか・・・
左から、マルサンのプラシャイン、ピラーのシルバー、レベルカラー(グンゼ)のクリヤオレンジ、同じくレベルカラーの薄め液。

先ずはプラシャイン
もうかれこれ40年近くなるのでしょうか。シルバー塗料は数々あれど、銀粉仕上げは画期的でした。
黒く塗装した上にプラシャインを振りかけ、磨いて光沢を出す、というもの。
今で言う、「こすって銀SUN」と同じ種類のものです。
ただ、「こすって銀SUN」には到底及ばないのは、やはり時代の違いですね。
あまり使わずに机の引き出しにずっと眠っていました。だから中身はまだたっぷりあります。

お次はピラーのシルバー
これも40年近く前のもの。
割と最近知ったのですが、ピラーって純国産だったのね。
ラッカー系の塗料メーカーは当時、マルサンのプラカラー、レベルカラー、ちっちゃな缶入りのモデルカラーなどがありましたが、ピラーのシルバーは他社のものと違い、アルミ地の輝きに似ていて、とても感動的でした。
大事に使っていたものだからあまり使わずに今日まで来てしまいました。(^_^;)
自然と揮発してしまって、シンナーやクリヤーなど混ぜた物だから、昔の独特の輝きが出なくなってしまった!
今は、シルバーの種類はたーーーーくさんあるので困っているわけではありませんが、ちょっと残念。

次、レベルカラーのクリヤオレンジ
ウィンカーの塗装に筆でちょっと塗るだけ、おまけにこの時代は18ml(現在は10ml)も入っているものだから減らない減らない。
揮発もしないで今までよくがんばりました。これからもがんばりましょう。
(レベルカラーの茶も現役で活躍中)

最後はレベルカラーのシンナー。(空き瓶)
この当時、シンナー遊びというものが初めて問題になって、うすめ液という名称になりました。

みんな懐かしい思い出の品々です。






スポンサーサイト

プロフィール

徒然モデラー

Author:徒然モデラー
子供も大きくなってプラモデル製作部屋が出来たのに、いざ「作るぞ!!」と勢い込んだはいいが、悲しいかな既に近くが見えない。
老眼鏡のお世話になって作っています。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター